info_page
コンクリート試験


 コンクリートに関する室内試験設備をご紹介します。



練り混ぜ試験
 各種ミキサー、試験器具、試験機器を用いてフレッシュコンクリートの性状試験を一連に行うことが可能です。

デュアルミキサー
機器名 デュアルミキサー(上段)
形式 HF-150型
混練容量 最大150リットル
目的・用途 ペースト・モルタル等の練り混ぜ

機器名 デュアルミキサー(下段)
形式 SD-250型
混練容量 最大250リットル
目的・用途 コンクリートの練り混ぜ


大型傾胴式ミキサー
機器名 大型傾胴式ミキサー
形式 KNFA-36
最大容量 1.0m3
目的・用途 コンクリートの練り混ぜ
砂骨材の混合、含水比調整
粗骨材の洗浄
その他試料の混合


強制練り二軸ミキサー
機器名 強制練りパン型ミキサー
形式 SD-100型
混練容量 100リットル
目的・用途 コンクリートの練り混ぜ


強制練りパン型ミキサー
機器名 強制練りパン型ミキサー
形式 TM-100型
混練容量 100リットル
目的・用途 コンクリートの練り混ぜ


スランプ・空気量試験

練り混ぜ試験


オムニミキサー
機器名 オムニミキサー
形式 OM-10E
混練容量 10リットル
目的・用途 高粘性試料の混合
繊維試料の混合


アイリッヒミキサー
機器名 アイリッヒミキサー
形式 RV02(M/C26343)
混練容量 8〜10リットル
目的・用途 高粘性試料の混合、造粒
繊維試料の混合

Page Top
自動ブリーディング試験機
 規定された時刻に容器を計測の2分前に底部の一片を5cm傾け、定刻に元の水平状態に戻して、ブリーディング量を計測します。

自動ブリーディング試験機
機器名 自動ブリーディング試験機
形式 MIC-163-0-1型
容器 内径25cm、内高28.5cm
計測 計測時間プログラム制御
データ 水量を加算して印字
目的・用途 ブリーディング自動試験


自動凝結硬化速度測定器

自動凝結硬化速度測定機
機器名 自動凝結硬化速度測定機
形式 KC-2076
適用規格 JIS A 1147
計測 計測時間プログラム制御
記録 パソコン収録
目的・用途 凝結硬化時間の計測

Page Top
強度試験(圧縮、引張、せん断)
 硬化コンクリート供試体を最大5000kNまで試験することが出来ます。
各種、パーツを付ける事により引張、せん断試験を行うことが出来ます。

5000KN載荷試験機
機器名 5000KN載荷試験機
形式 ACA-500A
載荷レンジ 5段階
(5000,2500,1000,
 500,250KN)
試験体
の寸法
最大φ450×900mm
目的・用途 圧縮試験、引張試験、
簡易せん断試験

2000KN万能試験機
機器名 2000KN万能試験機
形式 MBU型
載荷レンジ 5段階
(2000,1000,400,
 200,100KN)
試験体
の寸法
最大φ150×300mm
目的・用途 圧縮試験、引張試験、
鉄筋の直接引張強度試験

300KN載荷試験機
機器名 300KN載荷試験機
形式 MS-30C-CIA
載荷レンジ 4段階
(300,150,60,30KN)
試験体
の寸法
最大φ150×300mm
目的・用途 圧縮試験、引張試験

Page Top
促進中性化試験
 コンクリート供試体を高濃度の炭酸ガスが充満した養生槽内で促進中性化させる試験機です。

促進中性化試験装置
機器名 促進中性化試験装置
形式 ACT-800M型
温度範囲 0〜100℃±0.5℃
湿度範囲 40〜98%RH±3%RH
CO2濃度 0〜20%RH±0.3%RH
目的・用途 促進中性化試験

装置内部(試験状況))

中性化試験供試体断面

Page Top
凍結融解試験
 ブライン式と空冷式の設備が揃っています。
 水中における凍結融解の急速繰返しによってコンクリートの凍結融解作用に対する抵抗性を測定することが出来ます。

凍結融解試験機(水冷水中融解)
機器名 凍結融解試験機
(水冷水中融解)
形式 MIT-683-1-64型
試験体
収納数
63本(10×10×40cm)
ブライン
温度
室温〜-25℃
目的・用途 凍結融解試験(A法)

凍結融解試験機(空冷水中融解)
機器名 凍結融解試験機
(空冷水中融解)
形式 MIT-1682-A5型
試験体
収納数
30本(10×10×40cm)
ブライン
温度
室温〜-35℃
目的・用途 凍結融解試験(B法)

試験前供試体

試験中供試体

Page Top
乾燥収縮試験
 モルタル又はコンクリート供試体の中心軸の長さ変化をダイヤルゲージ方法で試験を行うことが出来ます。

乾燥収縮試験室
機器名 乾燥収縮試験室
温度 20℃±2℃
湿度 60%±5%
供試体
保管数
約500本(10×10×40cm)
目的・用途 試験体の乾燥保管
乾燥収縮試験

長さ変化測定装置

室内温度、湿度制御盤

Page Top
塩水浸漬(噴霧)試験
 コンクリート供試体を、恒温水又は、塩水浸漬(噴霧)、乾燥のサイクルを繰返し行いコンクリート耐久性と塩水腐食試験を行うことが可能な試験機です。

塩水浸漬(噴霧)乾燥装置
機器名 塩水浸漬(噴霧)乾燥装置
形式 R100T
塩水噴霧 20℃〜60℃
乾燥 10℃〜80℃
試験槽 W1110×D800×H500
目的・用途 コンクリートの塩水腐食試験


アルカリ骨材反応試験(化学法)

恒温水槽
機器名 恒温水槽
形式 T-104NA
温度範囲 室温+5℃〜99.9℃
攪拌機 縦型プロペラ攪拌方式
試験槽 W350×D245×H260
目的・用途 反応水槽、恒温保管槽

分光光度計
機器名 分光光度計
形式 U-1900
光学系 瀬谷-波岡マウント、
レシオビーム
測定波長 190〜1100mm
測光
レンジ
Ads:-3.000〜3.000
%T :0〜300%T
Conc:0.000〜9999
目的・用途 試料の分光高度による定量分析、アルカリシリカ量等の定量分析

Page Top
アルカリ骨材反応試験槽(モルタルバー法)
 水酸化ナトリウム水溶液を加え、モルタルバー(4×4×16cmの直方体)を作成、供試体を密閉した容器に40度±2℃、湿度95%で貯蔵し、脱型時・2週・4週・8週・3ヶ月及び6ヶ月間の長さ変化をダイヤルゲージ方法で測定します。

アルカリ骨材反応試験槽
機器名 アルカリ骨材反応試験槽
内寸法 70×70×70cm
試験温度 37.8±1.7℃
攪拌法 シロコファン循環方式
目的・用途 アルカリ骨材反応(モルタルバー法)

長さ変化測定


断熱温度上昇試験
 熱媒ジャケットを施した移動台車上の容器に試料を打設・密閉した後、試験槽に収納します。試料の温度上昇にしたがって熱媒温度を即時に追随させるよう自動的にコントロールすることによって、容器表面から熱の流出入がなくなり断熱状態を創り出す事が出来ます。

断熱温度上昇試験装置
機器名 断熱温度上昇試験装置
形式 CISAS/WJ
寸法 W1790×H1690×D1580
槽内寸法 W1000×H1000×D1000
床耐荷重 250kgf
温度範囲 RT(5℃)〜90℃
昇温能力 30℃/day
試料容量 50リットル
台数 2台
目的・用途 断熱温度上昇試験

Page Top
大型VC試験機

大型VC試験機
機器名 テーブルバイブレーター
形式 TV600-10SE
振動数 2000〜4000VPM
振幅 0〜2.75mm
1mm/3000VPM/250kg
許容荷重 250kg
目的・用途 RCDコンクリートの振動式コンシステンシーの測定、標準VC試験機も設置

Page Top
促進耐候性試験機(ウェザーメーター)

キセノンロングライフ
ウェザーメーター
機器名 キセノンロングライフ
ウェザーメーター
形式 WEL-6X-HC・B・EcS
照射方法 キセノンランプ
温度設定 63±3℃
湿度設定 50±5%
試料
ホルダー数
60枚
付属設備 水循環再利用装置
純粋供給装置
放射照度自動制御装置
目的・用途 塗料の耐光性試験
補修材料の耐光性試験

Page Top
気泡間隔係数測定装置
 計測する試料は、採取したコア等を切断して、表面を顕微鏡観察ができるようになるまで研磨したもので計測します。

気泡間隔係数測定装置
機器名 気泡間隔係数測定装置
形式 KC-198
倍率 20倍
適用規格 ASTM C 457
目的・用途 硬化コンクリート中の気泡数・気泡間隔・気泡径の測定

Page Top
噴霧養生室

標準養生室
機器名 標準養生室
温度 20℃±3℃
湿度 RH100%
室内面積 70m2
他設備 水中養生
目的・用途 供試体の保管、出し入れが容易、水槽設置による水中養生も可能、温度・湿度管理は24時間自動制御

Page Top
促進養生装置

大型高温高圧養生槽
オートクレーブ養生
機器名 大型高温高圧養生槽
形式 No.116983
温度 最大200℃
槽内容量 400リットル
圧力 1.47MPa
目的・用途 コンクリート試験体の高温高圧養生

蒸気養生
機器名 蒸気養生
形式 MIT-1632-1型
温度 0〜100℃
湿度 20%〜95%
圧力 1.47MPa
目的・用途 コンクリート試験体の常圧高温養生

Page Top
変温試験室

変温試験室
機器名 変温試験室
温度範囲 5〜32℃
湿度範囲 80%RH
部屋面積 40m2
目的・用途 コンクリート試験
変温養生
材料の保管


コンクリート透水試験機

コンクリート透水試験機
機器名 コンクリート透水試験機
寸法 H=7.5〜30cm
φ150mm以下
圧力方式 空気圧、水圧
圧力 20kgf/cm2
目的・用途 透水試験
(インプット法、アウトプット法)

Page Top
塩分濃度測定
機器名 塩分濃度自動的定装置
寸法 タイトロプロセッサーE686
シリンダー
容量
50ml
充填
スピード
20秒〜1000分
分解能 50μリットル
精度 ±0.15%
再現性 ±0.15%
最小容量
表示
0.001ml
目的・用途 塩分濃度測定
(硝酸銀電位滴定法)
その他滴定分析
光沢度計

光沢度計
機器名 光沢度計
形式 GP-60
適用規格 60° -60° JIS Z 8741
光源 6V10Wハロゲンランプ
検出素子 シリコンフォトセル
目的・用途 試験体の光沢度の測定
色差計

色差計
機器名 色差計
形式 TC-P3
光学条件 積分球式 0-d法
JIS Z 8722
光源 ハロゲンランプ
測定項目 三刺激値 X,Y,Z
色座標 Y,x,y
Lab
目的・用途 試験体の色差の測定

Page Top


この改行が大事だったりする→
main_box_reverse